不動産の情報が満載!

ノヴェリード(ノベリード)のあらまし

ノヴェリードのあらまし ノヴェリード(ノベリード)は、宅地建物取引業を営むいわゆる不動産会社です。
このノヴェリード(ノベリード)の所在地は、東京都でも一等地で知られる銀座にあり、銀座駅から東銀座の中間地点に位置し、どちらの駅からでも歩いて5分程度の距離にあります。
この社名は、英語のノヴェルとリードを組み合わせた俗語で、斬新な先駆者として立ち止まることなく、企業として先陣を切って歩んでいくと共に、常に新しい価値観を創造していく企業でありたいという願いから命名されました。
2020年に迎える東京オリンピックを控え、ますます不動産の需要が高まる都内を中心とした地域は、多様性に加え国内だけではなく、海外からの需要も高まっています。
多くの可能性を秘めるこの不動産業界は、ライフスタイルの多様化とともに、細分化が進むさまざまなニーズがあり、それらに対して応えていくことが求められています。
また、企業として活性化していくためには、現在のITの発展や普及、あるいはグローバル化の影響を考慮し、その波に乗っていかなければなりません。
このような社会的背景の中で、不動産業界をリードしていく心意気を持ち、常に業界の先駆者であろうとしている会社です。

ノヴェリード(ノベリード)の事業形態とその内容

ノヴェリードの事業形態とその内容 ノヴェリード(ノベリード)は、不動産の売買だけではなく、不動産関連の全般にわたってさまざまな事業をこなしています。
少し前に、サラリーマン大家がマスコミを中心に話題を呼びましたが、こうした賃貸事業のあっせんや管理、サポート業務も事業の一環として行っています。
お忙しいお客さまのニーズに応じて、売買に伴う仲介業務なども、代理業務として行っています。
お客さまが、個人で賃貸物件を持たれる場合、ノウハウをお持ちでない方にとってはリスクが大きいと感じることもあります。
そのため、なかなかそうした物件に手が出せない方も多いのではないでしょうか。
ノヴェリード(ノベリード)では、全くの素人の方であっても、また本業をお持ちの方でセカンドビジネスとして、こうした賃貸をお考えの方に対しても、運用コンサルティング業務を行っています。
実用的なノウハウの数々をお客さまにサポートするほか、管理や物件のご案内などさまざまなサービスを提供しています。
また、得意分野として、リノベーション事業が挙げられますが、これは古い中古物件などを再利用して、価値を高めることができますので、現在日本全国でも話題の新しい事業として注目されています。

賃貸建物管理の詳しい過程とその流れ

賃貸建物管理の詳しい過程とその流れ ノベリードでは、オーナーであるお客さまに対して、円滑に賃貸借業務を遂行するための詳しい過程を説明しています。
まず、賃貸建物管理業務における費用として、業務委託契約手数料を支払います。
そして、入居者の契約更新時には、更新時手数料として、新家賃の1カ月分の50パーセントが必要になります。
賃貸借契約の際に発生する敷金などは、基本的にノベリードが保管することになっています。
入居者が退去する際、リフォームが必要な場合にはこの敷金を改修費に充当し、オーナーの負担を軽減します。
基本的な賃貸建物管理は、まず入居者を募集するところから始まります。
具体的には、ご紹介用の賃貸募集図面を作成し、専門の賃貸不動産ポータルサイトに情報を公開します。
連携不動産業者への賃貸物件情報を配信することで入居者を集めます。
そして、お申し込みされた入居者の審査を含め、契約書の作成および説明、火災保険等の保険加入などの手続きをします。
このようにして契約、更新、解約を円滑に行い、入居者からの家賃を徴収し、オーナーに送金します。
また、万が一の家賃滞納催促や入居者トラブルにも対応しています。