不動産の情報が満載!

不動産投資とはいかなるものなのか

不動産投資とはいかなるものなのか ノヴェリード(ノベリード)の提供する投資用不動産は、不動資産や地価そのものの高騰による売却利益を狙うのではなく、どなたでも安定した収入が得られるように、所有者が他人に貸し出して賃貸収入を得る目的で行われています。
不動産の高騰を目的に、土地や家屋などを入手し売却利益を得る方法は、キャピタルゲインとも呼ばれ、投資運用ではなく投機という形で行うものです。
投機目的とした不動産投資は、細かく言えば運用することではありませんので、市場の動向や地価の変動などによって、大きく変わってくるものです。
現在の日本経済では、都心に限って言えば、オリンピック景気が期待できますが、そのほかの地域は比較的地価が安定していることもあって、不動産による投機はあまり利益の期待できないものとなっています。
ノヴェリード(ノベリード)では、投機ではなく不動産投資をお客さまに提案することで、安定した収入を得ることのできるさまざまな物件を仲介しています。
また、賃貸収入を得るにあたって、あらゆる方向で利用者をサポートするとともに、良きアドバイザーとして相談に乗り、運用コンサルティング業務も常時実施しています。

個人での資産運用ならば不動産投資がお得

個人での資産運用ならば不動産投資がお得 ノヴェリード(ノベリード)では、個人資産を増やすための不動産投資をおすすめしています。
ではいったいなぜ、個人資産を増やす必要があるのでしょうか。
ご存じの通り、資産というものは、放っておいて勝手に増えていく種類のものではありません。
例えば、空き地を所有していれば、毎年の固定資産税の支払いは避けることはできず、万が一所有者が亡くなった場合には、贈与税などで税金を支払わなければならない事態も考えられます。
実際に、地価の高い東京都などでは、贈与税を支払うために泣く泣く先祖伝来の土地を、手放さなければならなくなった事例も少なからず存在します。
ノヴェリード(ノベリード)の考えの一つには、このような事態に備えて、資産を活用することで将来の保険として役立てるというものがあります。
特に、空き地や空き家をお持ちの方にとって、毎年の固定資産税や都市計画税はかなり負担のかかるものです。
先々のことを考えると、将来にわたって収入を得ることのできる不動産投資は、こういった税金対策が期待できるので安心につながります。
また、こうした不動産投資をすることによって収入源を確保できるだけではなく、さまざまな節税効果の恩恵を受けることもできます。